いなあものPalmware開発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-17

[]B-CALの憂鬱 B-CALの憂鬱 - いなあものPalmware開発日記 を含むブックマーク

この春頃にB-CALを立て続けにバージョンアップしたことがあります。

B-CALのDB構造を変えたことによって、JaPon環境での動作がおかしくなってしまったのが原因。

現在は小康状態なのですが、まだ完全ではないのです。

実はJ-OS環境で作ったDBをJaPon環境移行するとうまく使えません。

これは、DBソート順が一部J-OSとJaPonで異なるのが原因なのですが、実はこの両者の日本語ソフトに非がある訳ではないようなので、尚更やっかいなんですね。

JaPonのDBソート規則は、手元にあるClie PEG-NX80Vと同じ規則で動作しているのが確認されています。

また、J-OSDBソート規則は同じく手元にあるVisor Platinumと一致しているのが確認されています。

つまり、OSによってソートの規則が異なるのが原因のようです。

この辺の情報を詳しく調べて、JaPonの作者の関野さんやJ-OSの作者である山田さんにご報告差し上げるべきなのですが、忙しさにかまけてそれらの情報を整理できないでいます。

また、実際にDBソートを行っているのがNS Basicランタイムライブラリなのが話を厄介にさせています。

それよりも今は、B-CALを両方の環境でも問題なく使えるような仕組みを作るべきなんだろうなとも考えているのですが、スマートな解決方法を見出せずに苦労しているところです。