いなあものPalmware開発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-09-28

[]史上最も危険な予定表アプリ 史上最も危険な予定表アプリ - いなあものPalmware開発日記 を含むブックマーク

「つぶやきぱ~む」は、Palmの予定表から無差別に予定を抜き出しては危険な香りのするつぶやきに変えてしまうジョークアプリです。

事の発端は、NS Basicの機能を使って予定表に予定を登録できないかとDBの解析をしたことから始まります。

結果はNS Basic仕様から書き込みは実用的ではないという判断になりました。

でも、読み込むことは出来そうです(年休君はこの機能に対応していますが、CSubLocalSendという外部サブルーチンを使うことで対応しています)。

さて、予定表DBの解析のために僕は検証用のプログラムを作っていましたので、少し改造をして予定をランダムに抽出するプログラムなんぞ作ってみることにしました。

ただつらつらと予定を羅列表示するだけのプログラムなのですが、実行してみると殆どの予定の場合、予定をあらわす文字列が名詞という面白い法則がある事が分かりました。

名詞は加工が簡単なので、このまま前後に適当な文章をくっつければ面白い日本語が完成しそうです。

気が付けば、テストプログラムは「つぶやきぱ~む」という妖しげな言葉をつぶやくプログラムに変身していました。

言葉をランダムにつなげて面白い日本語を表示すると言うプログラムは、過去にも色々なものがありましたが、これに予定表DBという標準PIMDBを使うことで、Palmの所有者ごとに全く異なる辞書を手に入れることに成功し、その結果として個人のプライベートをつぶやくという危険なアプリが誕生してしまったのです。

最初のベータ版が完成したとき、僕は腹を抱えて笑いながらも、このあまりにも危険なアプリの公開には躊躇しました。

でも、ジョークとして割り切ってしまえばこれほど面白いアプリは無いのです。

そして都合のいいことに、その時年に1度のジョークの祭典「エイプリル・フール」があと2ヶ月後に迫っていたのです。

ただ、一般公開のためには他人の予定表データでも「つぶやきぱ~む」のつぶやきが成立するのかを確認しないといけません。

ここでも運のいいことに、PUM2005という大規模オフ会東京で開催されたので、その会場に僕は「つぶやきぱ~む」を持ち込み配り歩きました。

反応は上々。

皆、この危険なアプリを起動しては奇声を発していました。

他人の予定表でも大丈夫なことが分かり、これで「つぶやきぱ~む」を公開する決意は固まりました。

こんな偶然から生まれたアプリですが、反応は上々。

ちょうど同種のアプリである「デス川柳」が残念ながら公開停止になった直後だったので、余計に嬉しかったです。

さて余談ですが、実は「つぶやきぱ~む」のバージョンナンバーにも、ちょっとしたジョーク(?)を仕込んでいて、v.2005.4.1というエイプリルフールの日付がバージョンに刻まれています。来年の4月1日にはv.2006.4.1というバージョンナンバーアプリが作れたらいいですね。