いなあものPalmware開発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-30

[]理想の買い物リストを求めて 理想の買い物リストを求めて - いなあものPalmware開発日記 を含むブックマーク

僕がShoppingListを作った理由は単純である。

それが必要だったからだ。

PDAが便利なのは、電源ONですぐにアプリを使えること。

そして片手でも操作が可能なこと。

そう、それは紙の手帳と変わらぬ使い勝手を実現する可能性を秘めている。

当時は子供が小さかったので、週末はよくかみさんの代わりにスーパーに買い物に出かけた。

紙に書いた買い物メモを片手にショッピングカートを転がしていると、やがてこれをPDAに置き換えたいと真剣に思い始めるようになった。

買ったものと、これから買うものを片手で操作して切り替える。

これが出来るだけで紙の買い物メモより何倍も使いやすくなるんじゃないかと思った。

実際、既にPalmで動作する優れた買い物リストアプリは幾つもあったのだが、ひとつ欠点があった。

みな、スクリーン上のチェックボックスタップすることで買ったものとこれから買うものを分類しているのである。

チェックボックスは小さいので、これを正確にタップするためにはスタイラスが必要になる。

それは「片手で操作」を考えている僕には大きなマイナスポイントだ。

何故片手にこだわるかと言えば答えは簡単。もう片方の手は常にショッピングカートを押しているから。

無いならば作ってしまえばいい。

こうしてShoppingListは生まれた。

実際、NS Basicを購入した直後だったので、NS Basicプログラミングのイロハはこいつで学んだようなものだ。

今思えば結構無駄ロジックとかもあって作り直したいところなのだが、不便を感じていないので当分はこのままかもしれない。

さて、当初僕は小遣い管理アプリを造る構想もあった。

こちらはさらに1年以上後にC-MATEという形で実現するのだが、ShoppingListは当時考えていた小遣い管理アプリと連携する事を検討して作られている。

ShoppingListの購入済データをそのまま小遣い管理アプリインポートすれば、小遣い管理アプリ側で購入実績の入力の手間が省けると考えたからだ。

結局、その構想は未だに日の目を見ることが無く現在に至っている。

実はその名残でShoppingListのDBには、購入した品物毎に、購入日が記録されている。誰も知らない機能だ。

果してこの2大アプリの連携構想が実現する日は来るのだろうか?

それは作者の私にもまだ分からない。