Hatena::Grouppalm

write a paper on Free-Palmware このページをアンテナに追加 RSSフィード


  • 最終更新……07/01/13 12:00
  •  └→ 変更)お知らせ
  • お知らせ……07/01/13 12:00
  •  
  • 本日07/01/13を持って正式に更新を停止します。
  •  
  • 今後は、情報の誤りが有れば修正し、
  • 希に気が向いたときのみ記事を書くかも、という程度となります。
  • また昨今コメントスパムが多いこともあり、
  • 今後の管理の事も考えコメント書き込みをはてなユーザーのみの設定にしています。
  • ブログそのものは残しておきますので、
  • トラックバックやリンク、コメント、メールなどはご自由にどうぞ。
  •  
  • 短い間でしたが、色々とありがとうございました。
  • ささやかな情報でしたが、何かしらのお役に立てていたならば幸いです。
  • 2006-11-06 RPNToGo

    RPNToGo

    []RPNToGo RPNToGo - write a paper on Free-Palmware を含むブックマーク はてなブックマーク - RPNToGo - write a paper on Free-Palmware RPNToGo - write a paper on Free-Palmware のブックマークコメント

    逆ポーランド記法を使用した計算ゲームアプリ

    name
    RPN to go
    Author
    陰郎
    download
    project-enigma
    Type
    Freeware
    Version
    Version 1.02.001
    comment
    言ってしまえば単なる計算ゲームなのですが「逆ポーランド記法」がルールに組み込まれており、計算という普段何気なく使用する事柄を馴染みのないやり方で組み立てる、というおもしろい物になってます。
    • 特徴
      • ハイレゾ対応
      • 逆ポーランド記法の計算ルールを利用した、独自のルールを使用
        • 基本的なルールは、手持ちからカードを計算式の順番に沿って場に出し、計算式を組み立て指定された数値にする、というありふれた物です。しかし、それを逆ポーランド記法という普段余り馴染みのない記法で組み立てる必要があります。
        • 数字~演算子~数字~演算子~、という流れに束縛されないため計算の自由度が高く、慣れてくると自由に数式が組めるようになります。
        • また、場に出したカードの種類や組み合わせによって役ができ、それによって更に掛け金を稼ぐことが出来ます。
        • また不要なカードは破棄することも可能なので、必ずカードを使い切る必要が無く計算のみに思考を集中出来ます。しかし、破棄する際に掛け金を支払う必要があるため破棄ばかりするわけにも行かず、その辺りの駆け引き重要です。
        • 結構奥が深いです。
      • 操作が直感的で非常に解りやすい
      • OreCa対応
      • アプリ上で状態が保存されている為、いつでも中断・再開が可能
        • 今まで出したカードや最終解もすべて表示されるので、途中でやめても問題有りません。
        • しかし、途中でやめると途中の計算や現在の計算結果を忘れがちで、結局再ど計算し直し、という状況になることが多いです。途中でやめるにはギブアップするしかないため、掛け金が勿体なくなってしまい結局1プレイ毎にやめる、ということになりがちだったりもします。
    • 短所
      • ワイドハイレゾ未対応
      • 逆ポーランド記法という計算式がわかりにくい
        • 慣れの問題かもしれません。が、逆にこの非一般的なのがゲーム性を持っている根源ともいえるので、一概に短所とも言えません。
      • 上位レベルになると演算子の種類が多く、また一般的でないものが多い
      • 勝敗数で行けるランクが決まっており、勝ちが込むと下位ランクへ行けなくなり、逆に負けが込むと、上位ランクから落とされてしまいなかなか戻れなくなる
        • 一応勝敗記録をリセットし下位レベルをほぼ全勝する、という手はあります。これだと余裕は生まれますので、多少負ける程度ではランクがおちることはないでしょう。
      • OreCaが一度でもインストールされており、かつ掛け金が$0の場合ゲームが出来なくなる
        • 掛け金を全てOreCaに移す → 勝敗リセット → 掛け金が初期値に戻る、を利用しての稼ぎを封じるための物だろうと思うのですが、逆にOreCa含めて掛け金が一切無くなってしまうと増やす手段が無くなってしまい、ゲームプレイできなくなります。
        • OreCaをアンインストールしてもだめで、一端この状態になったらRPNToGo単体ではどうしようもなくなります。
        • この場合、他のOreCa対応ゲームから掛け金を移す、RPNToGoを一端消し再度インストール、などの手段でまたプレイできます。
      • 目標値を特定の数値にする方法(裏技?)がある
        • やり方は、ここでは述べません。これを知ってしまうと途端に難易度が下がり、ゲーム性を損なうと判断しました。

    • メモ
      • 逆ポーランド記法の詳細や役などの各種ルールに関しては、説明すると長くなるためここでは述べないことにしました。アプリと一緒に入ってるReadMe.htmが非常に詳しいため、こちらを先に一読し、あとは実際にプレイしながら再読することをオススメします。
      • 簡単なコツとして、0を維持するというのを提案してみます。
        • 0を維持するのは割合簡単で、多くの演算子にて維持することが可能です。またEasyレベルならば一桁しかないので、最後に+カードか-カード、及び適応する数字カードを一枚確保しておけば簡単に目標は達成できます。
        • 0を作るには、基本的に同じ数字を引き算で作るのが一番安易で簡単だと思います。0にいかなる数をかけても0で、0をいかなる数で割っても0です。≪や≫も、0に対しては全て0になります。ただし、数字を0で割ると解がないことに注意。
      • こうやって状況を見つつ、最終的に作る答えに必要な数や演算子を手札に揃えていって、改めて作るという手を取れば比較的数を作りやすいと思いますし、また更に演算子勉強を進めやすくもなると思うのです。


    REより一言
    普段使う計算という作業を普段使わない方式で組み立てる、ということもさることながら、操作が直感的にわかりやすくなっており純粋思考を計算に割けるというこのバランス。このあたり非常に秀逸と言えるでしょう。最高クラスのHacker Roomとなると普段使用しない演算子だらけになりなかなか大変になりますが、NormalまたはNoviseルームならば演算子もよく知っているものばかり。この辺りのレベルをゆっくり考えながら楽しみ、慣れてきたら一つずつ上位レベルへと楽しみを増やすのもよいでしょう。
    お詫び
    現在TXのキャプチソフトの調子が悪く、画面のキャプチャが上手くいきません。そのため11/06 11:50現段階では画面画像をアップできていません。キャプチャが成功次第アップします。 同日20:00アップしました。