Hatena::Grouppalm

write a paper on Free-Palmware このページをアンテナに追加 RSSフィード


  • 最終更新……07/01/13 12:00
  •  └→ 変更)お知らせ
  • お知らせ……07/01/13 12:00
  •  
  • 本日07/01/13を持って正式に更新を停止します。
  •  
  • 今後は、情報の誤りが有れば修正し、
  • 希に気が向いたときのみ記事を書くかも、という程度となります。
  • また昨今コメントスパムが多いこともあり、
  • 今後の管理の事も考えコメント書き込みをはてなユーザーのみの設定にしています。
  • ブログそのものは残しておきますので、
  • トラックバックやリンク、コメント、メールなどはご自由にどうぞ。
  •  
  • 短い間でしたが、色々とありがとうございました。
  • ささやかな情報でしたが、何かしらのお役に立てていたならば幸いです。
  • 2006-04-11 Tower of the Sorcerer, for Palm OS

    zeph2006-04-11

    []Tower of the Sorcerer, for Palm OS Tower of the Sorcerer, for Palm OS - write a paper on Free-Palmware を含むブックマーク はてなブックマーク - Tower of the Sorcerer, for Palm OS - write a paper on Free-Palmware Tower of the Sorcerer, for Palm OS - write a paper on Free-Palmware のブックマークコメント

    パズルゲーム色の強い見下ろし型RPG

    name
    Tower of the Sorcerer, for Palm OS
    Author
    Jerramy Gipson*1
    download
    Tower of the Sorcerer, for Palm OS
    Type
    Freeware
    Version
    v1.11
    comment
    通常のRPGとは違い敵をただ倒して進むのではなく、鍵を使って迂回路を進んだり、或いは残りの薬と相談しながら敵を倒して鍵を節約したり、といったゲームです。力押しで進むのではなく、状況に応じてどの手段をとるのかを考えて進む、パズルゲームに近いゲームです。
    • 特徴
      • ハイレゾ対応
      • 操作が簡単
        • 操作方法は、下の方で改めて説明することにします
      • 通常のRPGとはひと味違う、パズルゲームの様相をもつゲーム内容
        • ちょっと説明が難しいのですが、まず経験値がないため、戦って成長すると言うことがありません
        • 一応倒せばgoldが手に入り、それを使用して能力を上げることはできます
        • しかしLifeの減少に見合うだけの能力を得られるとは言い難く、Lifeの回復も簡単にはできません
        • そのため、代価手段として敵を避けて通る、という方法が出てきますが、そう言う場合は大抵Keyが必要になります
        • Keyもそんなに沢山は手に入らないため、迂回し続けるわけにも行きません
        • アイテムをいつ手に入れるか、KeyとLifeいずれを温存するか、という状況の判断が重要となるゲームです
      • セーブ・ロードありで、5ヶ所まで保存可能
      • 敵のステータスや、戦闘の結果受けるダメージなどを簡単に知ることができる
        • 敵をタップすることで、その敵とのステータスや戦闘結果予想が表示されます
        • 本編で言う「勇者のオーブ」を最初からもってると考えて下さい
      • セーブしなくてもアプリ上で状態が保存されている為、いつでも中断・再開が可能
      • 全体として情報が明示されており、いつでも閲覧可能
    • 短所
      • ハイレゾ未対応
      • stateが若干見づらい
      • 操作が5way Navigaterに完全対応していないため、若干やりづらい
        • 慣れれば普通にいけますが、出来れば対応してほしかったと言うのが本音です
      • ゲームが途中までしか完成してない
        • 本来は50Fまでですが、このゲームは10Fまでしか有りません
        • Palmとしては手軽なボリュームになっている感じもして、逆にこのくらいがちょうど良いかもしれません
    • 操作方法
      • 基本は、5way Navigaterの上下で上下に、そのすぐ左右のハードウェアキー(通常だと左がToDo、右がメモなどに割り当てられていると思います)で左右に動きます
        • 押しっぱなしで同じ方向へ移動しっぱなしと言うのも可能です
        • Clie系列のジョグでの動作はまだ確認していません。また、ジョグで上下移動だとちょっとやりにくいかもしれません
      • 敵との戦闘や、扉を開ける、人と話す、というアクションは、体当たりすることで行えます
      • 画面をタップすることで、そのマスにあるものやフロアのデータなどを表示します
    • アイテム一覧
      • Key A
        • 赤い鍵。1個に付きDoor A(赤い扉)を1つあけることが出来ます。消耗品です
        • 宮内に沢山落ちているように見えますが、意外と余裕がありません
        • 基本的にこれが無くなったら八方塞がりになってることが多いので要注意です
      • Key B
        • 青い鍵。1個に付きDoor B(青い扉)を1つあけることが出来ます。消耗品です
        • こちらは後半特定の場所でお金を出して作ってもらうことも出来ますが、節約すれば落ちてる分だけで事足ります
        • 青の扉は手詰まりになる場所ではなく、ショートカット等の開けると便利場所に置いてあることが多いですので、使い方が重要かもしれません
      • Key C
        • 黒い鍵。1個に付きDoor C(黒い扉)を1つあけることが出来ます。消耗品です
        • 手に入る場所は1ヶ所、使用できる場所も1ヶ所
      • Potion
        • Life +50
        • 赤いボトルです。大抵はmonsterやdoorの後ろにあり、Lifeかkeyのいずれかと引き替えに手にする事になります。ある意味最も「今取っても良いかどうか」と悩むアイテムだと思います
      • Potion
        • Life +200
        • 青いボトルです。効果は非常に大きいのですが、大抵はmonsterやdoorの後にありLifeとkeyの両方と引き替えに手にする事になります。これも「今取っも良いかどうか」と悩むアイテムだと思います
      • Iron Sword
        • Attack +10
        • 剣です。どこにあるかのヒントは2Fのshiefが教えてくれます。効果が大きいため、真っ先に手にすることがクリアの秘訣です
      • Iron Shield
        • Diffence +10
        • 盾です。どこにあるかのヒントは2Fのshiefが教えてくれます。これも効果が非常に大きいのですが、取るのにいろいろと苦労する場所に安置されてます
      • Crystal A
        • Attack +1
        • 青色の◇の形をしています。有ると戦闘が楽になるのですが、1個では効果薄いため微妙かもしれません。しかしこれがないと倒せない敵がいるため、重アイテムです
      • Crystal D
        • Diffence +1
        • 赤色の□の形をしています。1個では効果が薄いのは、こちらも相変わらずです
    • キャラクター一覧(見方)
      • Thief
        • 2Fにいます。主に剣と盾の情報をもらえます
      • Altar
        • 3Fの青の扉の奥にいます。お金と引き替えに能力を上げてくれます。上げてもらえる能力はAttack+2かDiffence+4、Life+100 の3つのいずれかです。最初は20goldで上げてくれますが、お願いするたびに必要なお金は倍に増えます
      • Trader
        • 6Fと7Fに一人ずつ居ます。お金Key Bを売ってくれます
    • キャラクター一覧(敵)
      • SlimeⅠ(Attack18、Difence1、Life35)
      • SlimeⅡ(Attack20、Difence2、Life45)
      • Bat(Attack38、Difence3、Life35)
      • Priest(Attack32、Difence8、Life60)
      • SkeletonⅠ(Attack42、Difence6、Life50)
      • SkeletonⅡ(Attack52、Difence12、Life55)
      • GateKeeperⅠ(Attack48、Difence22、Life50)
      • SkeletonⅢ(Attack65、Difence15、Life100)
    • ヒント
      • Monsterタップすることで、Monsterステータス・予想ダメージを簡単に知ることができます。こまめにチェックして把握しておきましょう
      • 戦闘でのダメージは、多分 {敵Life/(自Attack-敵Diffence)}*2*(敵Attack-自Diffence)  です。つまり、(自分が攻撃 → 敵が攻撃)を繰り返しているのと同じです
      • そのため、自分のAttackが敵のDiffence以下だと倒せません
      • Key A(赤い鍵)の数量は意外と余裕ありません。序盤~中盤で沢山手に入りますが、ある程度慎重に使うことをおすすめします
      • LifeとKey、どちら重視するかは状況で変わります
      • 慣れない内はattackよりdiffenceを固める方が楽かもしれません。特にAlterにお金を払って上げてもらう能力はdiffenceをおすすめします
      • 逆にモンスターのLifeやDiffenceの値を把握できたらAttackの方が楽になるかもしれません
      • Iron Swordはかなり序盤の内に手にできます
      • Iron Shirldは終盤……と思いきや実は中盤で手にできます
      • 抜け穴ってなんでしょうね?
    REより一言
    懐かしき「魔術師の塔」です。ここだけの話、どうやって簡略に説明すればよいのか悩みました。出来れば一度遊んでいただけたら、その難しさと奥深さがわかっていただけると思います。見た目は古くさく見えるかもしれませんが、なかなかに難しく、しっかりと戦略を練らないとクリアできない難易度となっており、今でも充分楽しめるゲームです。
    追記
    このゲームは、Nao氏(キャラバンサークル。現在非公開?)がMS-DOSで開発・作成された「魔術師の塔」がベースです。これをOz & Kenichi氏(ゲームフォーラム)がwindows移植し、この英語版をさらにJerramy Gipson氏がPalmへと移植(クローン?)したものがこの「Tower of the Sorcerer, for Palm OS」のようです。本作は10Fで終わってしまいますが本来は50Fまであり、かなりやりごたえのあるゲームとなっております。もしこの先がプレイしたい、と言う人はwindows版の2D Verがフリーで公開されてますので、そちらもプレイされてみることをおすすめします。
    おわび
    スクリーンショットの発色がおかしいですが、何度取り直してもこういう色になってしまいます。実際には緑色の部分が黒くなっており、全体として違和感のない色あいであることを追記しておきます。後日別のスクリーンショットアプリで取り直してみますので、申し訳ありませんが容赦頂けますようお願いします。

    *1:元々はNao氏(キャラバンサークル)がMS-DOSで開発・作成された「魔術師の塔」がベースです。これをOz & Kenichi氏(ゲームフォーラム)がwindows移植し、英語版として「Tower of the Sorcerer」を作成され、さらにJerramy Gipson氏がPalmへと移植(クローン?)したものがこの「Tower of the Sorcerer, for Palm OS」のようです。

    *2:端数切り捨て

    ゲスト



    トラックバック - http://palm.g.hatena.ne.jp/zeph/20060411